ニコ動:ディスガイア実況予告編投稿

皆さんこんにちは。くるる代理、Alp'sです。ディスガイアの実況動画ですが、予告編を投稿しました。またディスガイア実況の公開日も決定しましたのでお知らせします。


【ゆっくり実況】予告編【ディスガイア】

http://www.nicovideo.jp/watch/sm15970736

ディスガイア実況に先駆けて、PV風の予告編を作成し、ニコニコ動画へ投稿いたしました。結構ソレっぽく仕上がったのではないかと思います。

この動画は、ディスガイア実況PV、制限の紹介、ゆっくりエトナの紹介、ディスガイア実況チュートリアル編の4構成となっています。

動画中でも紹介していますが、ディスガイア実況の公開日は2011年12月を予定しています。

このプレイは元々はリプレイ日記第3弾としてくるるがプレイを進めていたのですが、人形館の動画配信計画が進むにつれて、「動画で配信した方が面白いんじゃない?」という事になり、動画配信が確定した時点でそれまでのプレイを全て破棄。一からプレイし直して全て録画する事になりました。

元々のプレイの方ではラミントンは撃破しており、ある事情により2周目のブルカノ戦まで進んでいます。これからエトナ編に入るところだったわけですが、タイミング的にはギリギリでしょう。これ以上進めていたらやり直しすることは無かったかもしれません。

ちなみにPV中で使われているラミントン撃破やエトナ編ステージの映像は、このデータでラミントン戦まで進めて撮影しました。


制限の紹介

今回のディスガイア実況では以下の制限で行われます。

これらを個別に解説したいと思います。動画内で解説しきれなかった部分もありますので、ご一読ください。


出撃は格闘家一人だけ/武器は銃を使う/弟子作成禁止

今回は完全一人旅となります。格闘家を作成するまでのチュートリアルマップを除き、出撃可能なのは格闘家一人のみとなります。つまりアイテム使用、囮、アイテム界での移動役、投げ役、味方殺し、エクストラゲインその他いかなる理由であっても、格闘家以外のキャラの出撃を禁止します。

ただし、例外として操作ミスによる出撃はOKとします。これを禁止すると意味の無いギブアップが増え、プレイの進行の妨げにしかならないからです。

また、格闘家を選んだ理由ですが、2つあります。

一つは、格闘家は通常、防御力の低さから二軍落ちしやすいキャラであり、その格闘家の運用方法について新しいTipsを模索したいという事。

一つは、ディスガイアでのキャラ強化において、最も比重の高いウェポンマスタリーの効果を抑え、相対的にキャラクター本来のパラメータを重視した育成や、パラメータ効率の検証などを目的とした、低WPのキャラの使用です。格闘家は銃のWPがE(武器熟練度経験値上昇量が1)なので、普通のキャラの得意武器に比べ、武器熟練度の上がり方が1/20になります。武器上達屋も禁止しているので、実質的には1/400ですね。くるるのプレイでも、ラミントン撃破時の銃WPは8でした。それまでの全マップを格闘家一人だけで戦っているにもかかわらず、たったの8ですよ。最終的にどこまで上がるのか楽しみですね。

完全一人旅ですので弟子を作る意味も無いのですが、一応弟子作成は禁止です。


防具カテゴリの装備禁止/Def、Resにボーナス加算禁止

実は最初のくるるのプレイでは防具OKで、ロボスーツ×3を防ぐために同じ種類の防具は装備禁止と言う制限でした。しかし、プレイを進めるうちに防具があまり役に立っていない事に気付き、「これ防具なしでイケるんじゃね?」という流れで防具なしが追加されました。今回のプレイでは最初から防具なしで行きます。実際、余裕でいけてます。

それとDef、Resにボーナス加算禁止ですが、これは格闘家の弱さである防御の低さをあえて残すためです。今回のプレイの趣旨は、防御が低いキャラの運用方法の模索ですので、防御を上げてしまえば何の意味もありません。

合わせて以前のくるるのプレイよりも若干キツくしている部分があって、格闘家作成の際にDef-3、Res-2で作成しています。くるるのプレイではAtk-5です。これにより、格闘家の素質がDef1、Res2となっていて、くるるのプレイに比べ、Def1/4、Res1/2になっています。まあ恐らく、ほとんど問題ありません。


一部住人の服従利用禁止/武器熟練度稼ぎ禁止

服従利用禁止とは、服従後の利用を禁止すると言う意味です。装備禁止でも服従禁止でもありません。

つまり、未服従の状態でなら装備OKです。とはいえ極力使わないようにします。具体的には買い物や病院景品では、これら住人のついているものは取得しません。ボーナスアイテムの装備についていた場合は、極力排除してから装備します。

上記のように、排除目的での服従はOKとします。

禁止する住人は、武器上達屋、EXP増加屋、マナ増加屋、ヘル増加屋、Def屋、Res屋です。

武器熟練度稼ぎ禁止は、魔氷などで延々と攻撃し続けることを禁止します。これを禁止しないと上達屋禁止の意味がありませんので。


耐属性屋装備禁止

上記住人と違い、耐属性屋については未服従でも装備を禁止します。これは他の住人に比べてその効果が大きいからです。耐属性屋の禁止も、防具禁止と同じような理由です。


同一マップクリア禁止

同じマップを繰り返しプレイしての経験値稼ぎを禁止します。同様に暗黒議会での議員殺しでの経験値稼ぎも禁止します。

ただ、これは経験値稼ぎそのものを禁止するわけではありません。どういう意味かと言うと、マップ攻略中はより経験値を稼げる方法を取っていきます。これはそのマップでどこまで経験値を稼げるかと言うTipsにもなります。

また、アイテム界利用時にも必要に応じて敵全滅などを狙っていきます。別に低レベルクリアのための制限ではないので、これは禁止していません。

実はこの制限も、最初はありませんでした。ところがくるるのプレイで予想以上にスムーズに進んでしまい、「あれ?これストレートでいけるんじゃね?」と言う話になり、途中から採用されました。まあアイテム界禁止してないので、厳密にはストレートじゃないけど、今回の制限はそこは問題にしていないのでOKです。


その他の制限

特殊使用禁止はなんとなくノリです。イケそうだったので禁止しました。まあでもこのプレイだとあまり制限になっていません。WP低すぎて技全然覚えないし、エクストラゲインもできないので。

セイム狙いのギブアップ禁止もなんとなくノリです。というか、動画でこれやると見苦しくない?

病院景品狙いの装備着け外し禁止も同じような理由です。動画で着け外ししている所見たいとは思わない。

ベースパネルへの投げ込み禁止はボスのSP削りに利用しないためです。今回のプレイでこれ利用すると、難易度が異常に下がります。まあ弟子作成禁止なので、それほど多くのSPは削れませんが、相当有利になることは間違いないです。なので禁止です。


特殊制限の追加

今回の制限は、実際にはそれほど厳しい制限ではありません。まあそれは我々にとってはという意味ですが、それだけに全体を通して同じ制限で進んでしまうと、プレイが単調になりがちです。特に今回のように様々な行動を制限していると、全体的に似たような展開になりがちです。そこでほどよい緊張感を出すために、場面を限定した制限を便宜追加していきます。

例えば以下のような制限が決まっています。

またくるるのプレイ時には、とある事情から2周目のストーリーをやり直す事になったため、2周目限定の制限として、2周目開始時に転生(レベルリセット)、武器は無強化ランク3(RQ38カスタム)、病院使用禁止、回復アイテム購入禁止、暗黒議会利用禁止、アイテム界禁止が追加されていました。回復アイテムは1周目終了時に残っていた分しか使用できないという事です。


銃格闘家のススメ

今回の制限ですが、試しにプレイしてみたところ非常に面白かったので、是非チャレンジしてみてください。とはいえ、同じ制限はかなり厳しいので、銃を装備した格闘家をメインに育てる、というだけの制限で十分です。

序盤Defが低くてキツイという方は、とりあえず格闘家を作ってプリニーを利用した味方殺しでマナ200ぐらい稼ぎ、優秀な師範代をDef+6で作り直すと良いです。マナ1100or5100ですぐに転生し、ボーナスをDef20、残りHpに入れてプレイすれば、かなり強いです。プリニーと違い投げるも使えるし、通常攻撃が遠距離なので、結構楽に戦えます。

特に出撃を一人だけに限定するというのは、慣れていないとかなり厳しい制限になります。完全一人旅に挑戦するのは、自称上級者だけにしておいてください。


画質について

今回の動画は、これまで以上に画質にこだわってあります。音質と音量も結構気を使いましたので、大分満足のいく出来になったのですが、視聴者から見て何か改善要望などあれば、本編公開前に色々と研究したいと思います。是非ともコメントやメールフォームにてご意見お寄せください。

特に問題が無ければ、今回の設定を引き続き使っていきます。


ディスガイアデモ集について

今回のプレイでは全てのイベントデモをカットしていきますので、各話終了時に1話分のイベントデモをまとめたデモ集を、別に投稿します。デモも見たいと言う人、ご利用ください。


失踪について

今回の制限を見て「失踪するのでは?」と思う人もいると思います。ディスガイアは失踪率が非常に高いので余計に心配かと思いますが、まあ失踪する事は無いと思います。先にも言ったように、すでにストーリークリア達成できる事は証明されていますし、そもそも失踪する意味も無いですから。

失踪と言うのは、厳しすぎる制限を付けたりしてクリア不能になったり、あまりのツラさから逃げ出したり、単調になりすぎて飽きたりして、プレイ続行を諦める事を言うわけですよ。でも今回の制限は、クリア不能ではないし、多少キツくはありますがツライ制限でもありません。実際プレイしていて非常に面白いので、まず失踪する理由がありませんしね。

単調にならないように特殊制限を設けていますし、これで飽きるぐらいなら8年以上もディスガイアを継続プレイしていません。ようするに楽しんでプレイしてるので大丈夫って事です。

アイワナとかプレイしてる人だって、楽しいから続けられるんですよ。


今後の展開について

この後は予定通り、シヴィザード動画を上げていきます。ディスガイアはあくまでも12月配信予定です。


感想はコチラ

名前:返信不要の場合は無記名可

内容:




感想のみ:(返信無し)





ご意見、ご要望は、メール:kururu@plala.toや、雑談掲示板などでも受け付けてます♪